ニキビケアで最も重要な事

私は現在26歳の主婦です。

中学生の時からニキビに悩んでおり、今も大人ニキビが常にできている状態です。
一時期皮膚科に通ってピーリングを受けたりもしましたが、なかなか 改善する事はできませんでした。
ニキビに効くと言われている薬や化粧水なども使いましたが、ニキビは消える事はありません。
特に生理前になると何個もできてしまい、なかなか治らないのです。
そこで私はどうしたらいいのか自分なりにいろいろ考えました。
そして分かった事は、ニキビケアで大切な事は体内改善だという事です。
いくら外側から一生懸命ケアしても、内側からしっかりケアしなければニキビは一向に良くなることはないのです。
外側からのケアは内側からのケアをフォローする物です。
これを踏まえた上で、私はまず規則正しい生活を心がけました。
特に睡眠は重要で、夜の11時までには眠るようにしています。
食事も脂っこい物は避け、体に良い野菜やササミなどを多く食べるようにしました。
またビタミンCのサプリメントを毎日飲んでいます。
そしてニキビケアで最も重要な事はストレスをかけない事です。
なので私はストレスを作らないように心がけ、気分転換できる時間もしっかりとるように生活しています。
その上で外側からのスキンケアもしっかり行っています。
そうするとニキビの数はだいぶ減り、今では生理前に少しできるくらいまで抑える事ができました。

40代向きの化粧水の繰り返しで潤い肌を作る

乾燥はお肌に大敵なのは知っていても、なかなか保湿できないのが現状です。

何歳になってもお肌のきれいな人っていますよね。40代の私なんか、とても羨ましいです。

「何か特別なことしてるかも?」「もともと美肌か肌質か」なんて諦めモードになって結局何もしない私。

でも誕生日が来て、いよいよ40代に突入したわたし。これから年齢を重ねるのに乾燥対策は、シミや皺、ほうれい線に効果があると聞いてこのままではマズイと危機感を持ち始めました。

そこで、ズボラな私にもできそうなことを始めてみました。

それは洗面所に化粧水を置いておくこと。

でも、どれでもいいというものでもなく、ちゃんと40代の肌に合った化粧水を選びました。

洗顔後や入浴後すぐに保湿すると良いよと美肌の友人に聞いたので実行。

実は私は部屋まで移動するまでに忘れたり時間がたってけど、保湿という動作が少し面倒ではなくなったかも。

さらに、化粧水を1回だけでなく数回繰り返してから乳液をしてお肌に蓋をすることで保水力がupするらしい。

ズボラな私にはハードルが高かったけど、これもパジャマを着たり洗面所周りを整頓しながら少しずつできるように。

いつも、口や頬の周りがかさついていたけど少しだけしっとりしてきた気がする今日このごろ。

冬はもちろん夏はクーラーで意外にも乾燥している私のお肌。40代女性の為の化粧品を繰り返して使えばお肌に潤いを与えられそうです。

しわが気になり始め、アイクリームを購入

私は20代後半ですが、昨年あたりから目元のしわが気になり始めました。

何かしなければと思いつつ、なかなか行動にうつせていませんでした。

そんな時、友達にめもとのしわやばいよ!と指摘されました。

周りからの指摘ってすごいですね!

即行動に移すことにしました。

なめらか本舗の「豆乳イソフラボンリンクルジェルクリーム」というオ ールインワンゲルを購入し、使っています。

「豆乳イソフラボンリンクルジェルクリーム」はレチノール誘導体という保湿効果のある成分を含んでいるうえ、さらに保湿効果のある豆乳発酵液を含んでいるので、しわの予防と改善に良いかと思い、使い始めました。

オールインワンのため、楽ですし保湿もできて気に入っています。

また、今の冬場は乾燥が激しいので、新しくアイクリームを本日購入してきました!!

その友達に勧められたのですが、寝不足や疲れでしわが気になる日は、翌日化粧ののりをよくするために、朝化粧をする前に薄く目元にアイクリームを塗るのが良いようです。

とりあえず、今日は寝る前にヌリヌリして寝ようと思います。

そうすることで明日の朝が楽しみになってきます。

まず何といっても目元のケアではないでしょうか?

目元美容液

20代でも自分にかけられる時間がないので…

20代の子育て真っ最中の時は、とにかく自分にかけられる時間がありませんでした。

お風呂の後に化粧水をつけられるのは肌の突っ張り感に気づいてからで、慌てて化粧水をパシャパシャし、馴染ませる時間もとらずに美容液をつけ、間髪入れずに乳液を塗るといった感じでした。

たった3つの行程が煩わしく感じて、時短、手軽さを求めてオールインワン化粧品に興味を持ちました。

使用したのは、誰もが知っているドクターシーラボとマタニティ雑誌に紹介されていたメディプラスオーダーです。

ドクターシーラボは、PLAZAで実際に試してから、薬用アクアコラーゲンゲル美白タイプを購入しました。

しばらく使い続けていましたが、潤いが足りず、乾燥が気になり出したので、化粧水、美溶液、乳液の3ステップの20代におすすめの化粧品でのスキンケアに戻しました 。

子供が大きくなり、お風呂の後のスキンケアにかけられる時間が持てるようになったのもあると思います。

二人目の出産の後、またスキンケアにかけられる時間がなかったとき 、今度はマタニティ雑誌に紹介されていたメディプラスオーダーのメ ディプラスゲルが気になって試供品を取り寄せました。

広告にのっていた女性がみんな肌がきれいで、社長もこれを使って綺麗になったというのを見て使いたくなりました。

3本ほどリピートしましたが、やはりオールインワンタイプよりも個 別に化粧水などを使用した方が保湿力を感じたので戻しました。

どうしても時間がないときはオールインワンタイプはおすすめです。

乾燥肌を改善する方法

冬になると乾燥するという人、夏なのに乾燥してしまうという人など、乾燥肌に悩まされる人ってけっこういるんですよね。

乾燥肌は、とにかく花が枯れてしまわないように水を与える気持ちで、肌に水分を与えると良いみたいですよ。

与えた水分が逃げないように、乳液でしっかりとふたをすることも大切です。

乾燥肌の原因は、ライフスタイルが大きく関わっているそうですね。

お菓子が主食、ジャンクフードしか食べてないという人は、間違いなく乾燥肌になっていきます。

汚れがよく落ちるからといって、熱いお湯で洗顔しているっていう人もいるみたいです。

そのような人は、どんどん乾燥させてしまうそうですよ。

ぬるま湯であまり時間をかけずに洗うのが正しい洗顔方法です。

乾燥肌を改善させていくには外側からの保湿も大切ですが、内側から食べ物で予防することもできるんですよ。

まず水分をとることが1番です。

そして、ビタミンCを内側から補うことです。

ビタミンCは、イチゴやみかんなどが取り入れやすいと言われているようです。

あとは、ビタミンEを取り入れることも大切ですね。

ビタミンEは、血流を良くしていく効果があります。

血流が良くなると、体全体に栄養を運びやすくして、美しい肌状態をキープしてくれるのです。

ビタミンEをたくさん含む食べ物は、アボカドやアーモンドです。アボカドやアーモンドを意識しながら食事をすると良いそうですよ。

アーモンドは食べ過ぎてしまうと、肌に悪いのでほどよく食べることが大切です。

敏感肌スキンケア