40代向きの化粧水の繰り返しで潤い肌を作る

乾燥はお肌に大敵なのは知っていても、なかなか保湿できないのが現状です。

何歳になってもお肌のきれいな人っていますよね。40代の私なんか、とても羨ましいです。

「何か特別なことしてるかも?」「もともと美肌か肌質か」なんて諦めモードになって結局何もしない私。

でも誕生日が来て、いよいよ40代に突入したわたし。これから年齢を重ねるのに乾燥対策は、シミや皺、ほうれい線に効果があると聞いてこのままではマズイと危機感を持ち始めました。

そこで、ズボラな私にもできそうなことを始めてみました。

それは洗面所に化粧水を置いておくこと。

でも、どれでもいいというものでもなく、ちゃんと40代の肌に合った化粧水を選びました。

洗顔後や入浴後すぐに保湿すると良いよと美肌の友人に聞いたので実行。

実は私は部屋まで移動するまでに忘れたり時間がたってけど、保湿という動作が少し面倒ではなくなったかも。

さらに、化粧水を1回だけでなく数回繰り返してから乳液をしてお肌に蓋をすることで保水力がupするらしい。

ズボラな私にはハードルが高かったけど、これもパジャマを着たり洗面所周りを整頓しながら少しずつできるように。

いつも、口や頬の周りがかさついていたけど少しだけしっとりしてきた気がする今日このごろ。

冬はもちろん夏はクーラーで意外にも乾燥している私のお肌。40代女性の為の化粧品を繰り返して使えばお肌に潤いを与えられそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ